スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタレビ35周年ツアー「スタ☆レビ」in 座間(ネタバレ)
2016年02月21日 (日) | 編集 |
STARDUST REVUE 35th Anniversary Tour 「スタ☆レビ」
初日に行ってきました。

座間で初日をむかえるのは4ツアー連続ですね。

ツアー前の懸案事項でした、要さんの
「髭おじさん&グラサンオフ(メガネ)」の件(笑)
髭がなくなってメガネもグラサンも無しでした。
ツイッターで検索した限りでは「髭やめて」って人が多かったように思うけど
私の場合髭よりも「グラサンしてくれ」って思ってた。
考えてみれば、髭にグラサンじゃワイルド過ぎるよな・・・(笑) 
NHKのラジオで柿沼さんだけは
「髭は剃った方がいい、ワイルドすぎるのは要のキャラと違う」みたいなこと
言ってたんで、わかってらっしゃる、柿沼さん。

グラサンなしで、髪もあまりバチっとセットしてないっぽくて、とてもナチュラ
ルな感じになりましたね(遠くて定かじゃなかったけど)
これからはずっとこのナチュラルでいくんでしょうか。

関係ないけど「リーダー=グラサン」が一人減ったかな(笑)
てっちゃんとかマーチンさんとか


それでは本題、ネタバレですのでたたみます。


【セットリスト】
*即興歌
1.AMAZING GRACE
2.Northern Lights -輝く君に-
3.No!No!Lacky Lady
4.もうちょっとだけ何か足りない
5.All I Do
6.Spice of Life
7.いのちのこたえ
8.ふたり
9.今夜だけきっと
10.木蘭の涙
11.季節を越えて
12.ジャスミン
13.シュガーはお年頃
14.ワイン恋物語
15.想い出にかわるまで
16.真昼の月
17.夢の翼
18.KEEP ON ROLLIN'
19.恋は医者でも治せない
20.と・つ・ぜ・んFall In Love
21.夢伝説
アンコール
22.愛はいつも偶然じゃない
23.愛の歌
24.もっとそばにきて
25.トワイライト・アヴェニュー

事前情報によると、ツアー前に用意している曲数は50曲程とのことで
固定曲+日替わり曲で数パターンのセットリストがあるもよう。
ということで、初日のセトリは(1)パターンですね。

思えば最初の*即興歌って前ツアー「SHOUT」の初日(座間)では
なかったんですが,
似たようなことをやって、要さんが添田さんになんか伴奏してとか言って
たのから徐々にしっかりと「即興歌」のコーナーが出来上がったんだと
思います。

まぁ、LIVE地や会場名の駄洒落なんですが(笑) 
今回は座間ですので「ライブが~生き様~♪(座間)」 ってな感じでした。
他の歌詞は覚えてない・・・。

「All I Do」では、後ろの画面が下りてきて
「要さんは大丈夫って言ってるので歌詞の答えあわせをしてみましょう」
とかいって、歌詞が出てたけど、微妙にちょっとずつ間違ってました(笑)
繰り返しの所とかだから、歌詞出なきゃわかんないのにな(^_^;)

「Spice of Life」も2番で1番の歌詞歌っちゃって、歌いながら
「また歌っちゃった」と実況し、2番の歌詞に戻ったら
「元に戻った」って言ってた、歌いながら器用なこと(笑)

M.7とM.8はお馴染み「レビちゃん」がスクリーンに出てきて曲をリクエスト。
このレビちゃんの声誰?って思ったら、友達が「寺田さんだね」ってw
確かに、どう見ても寺田さんww
ドラムの席で後ろ向いてコソコソやってます(笑) このバレバレな感じが
おかしい。
普段無口な寺田さん、レビちゃんキャラになるとちょっと偉そうなのがツボ。
要さんに「(スタレビの)メンバーの名前とか知ってるの?」と言われ・・・
「ドラムの寺田さん、ベースのきよし・・・」 寺田さんだけ「さん付け」w
そして「あれ、VOHはまだいるんだっけ?」と、ここでもオチに使われる。

要さんにリクエスト曲を聞かれ「Northern Lights -輝く君に-」と答え
「それさっきやったよ!」とツッコミを受け 
「好きな曲があるんだよねー いのちのなんたら」 なんたらw
レビちゃんは奔放な適当キャラなのかな(笑)

M.9とM.10は「スタレビのヒット曲を紹介するコーナー」(←適当です)
「今夜だけきっと」と「木蘭の涙」のリリースされた当時のヒット曲などを
スクリーンで紹介したのち、両曲のオリコン初登場順位と最高位が発表
されました。
「だけきっと」は 初登場96位で最高位が92位 
「木蘭」は 初登場84位で最高位が54位 
(順位間違いあるかも)
そこで「あれ?全然ヒット曲じゃない?」ってなるんですけどw

まぁ確かに低いといえば低いけど、木蘭は初登場から30位上げてるんだ
よね、それはそれですごいと思うけどな、一瞬現れて消えるよりも。

「よく、他のミュージシャンが ”あれは曲が独り歩きしちゃって”なんて言ってて
羨ますぃ、俺も言ってみたいと思ってた」
(なぜか「羨ますぃ」って言い方してた、ちょっとかわいい・笑)
「新曲をリリースする度に、いいかしっかり独り歩きしてこいよ、って
送り出しても近所を一周するだけで帰ってきちゃう。ところがこの木蘭の涙は
しっかり独り歩きして色んな人とお友達になった結果
現在、行方不明です。曲は有名になったけど誰の曲だっけ??って
なってる」

上手いこと言うなぁ・・・(褒めてる場合か)
確かに曲はそこそこ有名になったけど、スタレビ自体が同じ位有名には
なってない気がする(^_^;)

常々「木蘭の涙」はオリジナルのバンドバージョンが好きだと言っているん
ですが今ツアーはオリジナルバージョンですごく嬉しい!
オリジナルだけどイントロ、アウトロにちょっと付け足してあってアウトロの
ギターと要さんの声でハモるというかあれは音楽用語でなんというのか
わかりませんが、そこがカッコいい。

「季節を越えて」はハンドマイクで他のメンバーもセットの段差に並んで
コーラス(バンド演奏なしでオケが流れてました)

このタイミングかな?休憩と称したメンバー紹介です。
今ツアーは35周年ツアーなので35年の中の色々な事件を紹介。
初日は
「デビューコンサートのチケットが売れなくてタダ券配ったらそっちのがいい
席だった」ってのと
「いつぞやのカウントダウンLIVEで要さんが見てた時計が狂っててカウント
ダウンするのに時間が足りなくなりそうだったので、寺田さんが有無を
言わせず曲のカウントを始めて歌い、事なきを得た」話。

どっちも以前に聞いた話なので詳しく書きませんが、同じネタでもやっぱり
面白かった(笑)
デビューコンサートの話をしたのが柿沼さんなんだけど「詳しく」って要さんに
言われて説明したら、ほぼ同じ内容だったので、要さんに
「同じこと2回話しましたよ」って言われてたのがおかしかった。

「ジャスミン」と「シュガーはお年頃」はアカペラ
シュガーを以前のツアーでお客さんに歌ってもらった時、コーラスが難しくて
「ある人に、難しすぎて客席がどんよりしてたって言われたので、今回は
お客さんに主旋を歌ってもらいます」
『ある人』って絶対KANさんだと思うんだけど(笑)
SSKの時なんかによく、難しいのやるとどんよりするって言われてたから。
「それは俺らのことか!」と要さんが返してましたね。

客席に歌って欲しい箇所はスクリーンに歌詞が出ます。
客席にいるとどのくらいの声が出てるのかイマイチわかりませんが
かなりの声が出ていたのでは。

そして今ツアーのリクエストは「MVリクエスト」なるもの。
5曲の候補の中に噂の「ワイン恋物語」があるし!(笑)
当時のMVをスクリーンに流し、ピッタリのテンポで演奏するというもの。
初日は「想い出にかわるまで」と「ワイン恋物語」が 1位・2位で演奏
されました。

件の「女装」ですがスクリーンが小さいのと遠いのとソフトフォーカスにして
あるのとで「うわ、女装の人が歌ってる!」感はあまりなかったなー。
多分、家のTVなんかでじっくり見ればそれなりに・・・なんでしょうけど(笑)
要さんは髪が長いし、うつむき加減でほぼ顔が映ってないし、その次に
よく映る光田さんも、斜め横顔なのであまりわからず。

「思い出にかわるまで」はCDの音にLIVE会場であてブリしたものなので
特に面白みはないです(^_^;)
しかしCDに合わせて演奏している映像に合わせて、LIVE演奏するって
いう状況が面白いですよね。

M.16「真昼の月」スタレビの曲の中からブルースをということでこの曲
要さん、最初にタイトル間違えて柿沼さんに速効でつっこまれる。
こういう曲はあまりLIVEでやらないけどカッコいいんだよな~。

M.17からはスタンディング
「夢の翼」 結構マニアックよね、これ。聞けて嬉しかった。

「と・つ・ぜ・んFall In Love」の恒例 今までブートキャンプやら
色々やってきましたが、今ツアーは「皆でスタレビになろう」(←適当)
いわゆるエアバンドですね、ギターやドラムのフリをやるんだけど
ベースの時に柿沼さんがくるりと回るのが面白い。

そして「第一部」のラストが「夢伝説」
LIVEの最後に夢伝説ってのも珍しいような。
「35年LIVEをやってきて、一番歌った曲だと思います」との事での
選曲ですかね。

「第二部」という名のアンコール
今回のベストアルバムに入っている新曲
「愛はいつも偶然じゃない」

お客さんに一緒に歌ってもらう曲として「愛の歌」
曲紹介からして日替わりっぽい。

「お客さんまだ歌い足りないんじゃないの~?」とレビちゃん
再登場。
もう最初から最後まで一緒に歌って、ってなるけど
要さん「でも、歌詞わかんないじゃん」
レビちゃん「画面に歌詞出すから大丈夫」
要さん「そしたらレビちゃん(画面から)消えちゃうよ」
レビちゃん「え?あぁぁ~~」と言いながら消えていく(笑)

そんなこんなでw 客席も一緒に「もっとそばにきて」

最後は「皆に歌わせて、お前ら何もやってねーじゃん!って
言われちゃうので、と要さん。
メンバー皆、舞台の前に出てきてるけど、岡崎さんがアコギを
持っている。
岡崎さんのギターで「トワイライト・アヴェニュー」

添田さんのキーボードのみってのはいくらでもあったけど
岡崎さんのギターのみってのは初めてよね。
今までなら要さんがアコギ弾いてって感じだけども、要さんが
歌に集中する為だろうか。
なんにしろ岡崎さんプレッシャーだろうなぁ。

今ツアーは30周年ツアーに比べると派手さはないですね
セットも含めて。
演出も割りとシンプルなのではないかな、だからといって
物足りないとかそういう意味ではないです。
30周年の時のように曲がちょっと短縮されてたりしないので
そこは良かった。
とはいえ、曲以外の小ネタはこれからどんどん増えていくだろし(笑)
長ーいツアーの中で進化していくと思います。

要さんは「100公演くらいやりたい」って言ってますが、結果何公演に
なるんでしょうね~。
そしてまだファイナルが決まってませんがw 
さて私は何公演行くことになるんでしょう(笑)


2016/2/20 @ハーモニーホール座間


関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。