スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときめき☆ハミングロック学園
2013年10月14日 (月) | 編集 |
TOWER RECORDS presents
ときめき☆ハミングロック学園

<出演>
スターダストレビュー
KAN
馬場俊英

大阪のイベント 風のハミングから生まれた企画で
リリースされた「靱のハミング」のリリースイベント、なのでしょうか
抽選で当たりましたので行ってきました。
2000通の応募があったそうです。

元は大阪のイベントなのに横浜で無料のイベントやってくれる
なんて東京の人間にはありがたいけど、大阪の人はどう思うの
かしらっていう(^^ゞ

席は入場前に招待券と引き換えで、既に席が決まってるからって
ことだったけど、やっぱりそれは早くから並ばせない為の方便
だったみたいです、いいんですけどね。
私達は、ちょうどチケット引き換え開始位に並んでそこそこ前の
方の席でした。
ライブハウスだけど椅子があるのがありがたい。

【セットリスト】
殆どが全員で演奏してるのですが一応誰の曲か末尾に
つけておきました。

ボーイズ・オン・ザ・ラン (B)
すべての悲しみにさよならするために(K)
今夜だけきっと(S)

スタートライン(B)
世界でいちばん好きな人(K)
木蘭の涙(S)

ラーメンの歌(B)
愛は勝つ(K)

と・つ・ぜ・ん Fall In Love (S)

靱のハミング

<アンコール>
Longest Time
愛の歌 (S)

前にSSKでやったのをちょっと忘れていたけど
「すべての悲しみに~」ではまたもや ピアノの上に要さんが
乗って演奏をしてました。1回目は馬場さんのあてる風のみ
2回目はちゃんと赤いマント付
黒子さんが布の端を持ち、馬場さんが下からサーキュレーターで
風を送ってるんだけど、その風のあて方が上手い(笑)
手馴れて来てますね(爆)

今回も「このピアノは乗っていい部分をくっつけてある」って
説明してました。

いつもこういうイベントのタイトルを付けるのはKANさんだけど
今回は馬場さん 「皆で案を出して下さい」ってことで
馬場さんは20案くらい出してきたそうで、その中から決まったのが
今回のタイトル「ときめき☆ハミングロック学園」

「学園」なので学校設定
先生は馬場さん、学級委員が要さん、KANさんは保健委員(笑)
ということで先生が仕切る事になるんだけど、一番若手の馬場さん
「根本くん」とか言ったら、2人に「先生なんだから生徒は呼び捨てでしょ」と
言われ、困りながら恐る恐る「...根本...」とか言ってました(笑)

次は「国語」の授業
「歌詞をじっくり聞いてみて下さい」とのことで
「スタートライン」(B)
スタレビのメンバーは要さんと岡崎さんのみ参加
岡崎さん、コーラス要員かと思ったらシンセ要員だったようです。

「世界でいちばん好きな人」(K)
これはKANさんの弾き語り

木蘭の涙(S)
スタレビメンバーのみでピアノバージョン

曲の後に馬場先生、生徒を褒めようとして
「いやー良かったよ~、木村と根本・・・(あ、要さん1人じゃないから)
スターダストくん!」って(笑)
スターダストくんはすごいおかしかった。
スターダストくん発言に要さんツボったみたいで、膝から崩れてました。

馬場さん、ちょいちょい面白発言してたけど、ちょっと天然さん
なのかしら?(^^ゞ
人が数人集まる所には天然さんが1人いると、和みますよね。
(馬場さんが天然かは定かじゃないけど)

次はホームルーム
袖から何やら2つ箱が出てきて「なまえ」「科目」と
書いてある。
恒例(?)のメンバー紹介川柳ですが今回は「学園」なので
くじで引いて出てきた「科目」にからめて、川柳を作るというもの。

誰が誰を紹介したか覚えてる限りでは
岡崎さん→添田さん→馬場さん→要さん→岡崎さん
VOHさん→柿沼さん→KANさん→寺田さん→VOHさん・・・かな?

科目は「歴史」「科学」「英語」「数学」「美術」とか(順不同)
「性教育」ってのもあった(笑) 

で、川柳の句はあまり覚えてないけど、KANさんと寺田さんは
上手かったな~
あと、またこれを引いちゃうかって思ったけど
岡崎さんが添田さんを引いたこと(笑)
「歴史好き 僕も大好き 添田さん」でした、これだけは鮮明に
覚えてる(笑)
しかも岡崎さん「もう、言ってしまえ!」って自分で言ってから
川柳発表してた(爆) 
また告白聞いちゃったよ~。

次は「給食」の時間
馬「今日の給食は ラーメンとカツだ~」ってことで
カツってのはあれね~ってすぐわかりましたが
馬場さん「木村のカツはすごいらしいな~」とか言ってました(笑)
大ヒット曲ですからね。

ラーメンの歌(B)
愛は勝つ(K)

ここのパートにスタレビは無く、次が「体育」の時間で

「と・つ・ぜ・ん Fall In Love」です。
間に去年のSSKとかでもやった、オリンピックにちなんだ
体操?入り ポーズは前と変わらなかったけど、バドミントンが
追加になってて、あの無気力試合の真似でした(爆)

本編最後はこのイベントのメインテーマ「靱のハミング」
まず歌う前にハミング部分の練習。慣れてるファンばかりなので
最初からちゃんとできてる。
だからなのか要さんは「これをパート分けしたい」とハモりたい様子。
すかさずKANさんに反対され「そうやって難しくしちゃうと結局
ぼんやりしちゃったりするから」と言われ・・・
要さん「なんだよ!それって俺達のことかよっ!」と言ってました。
確かに、先ツアーのハモり難しかったから(笑)
で、結局ハモりは無しで。

もう一つ、最初の方に馬場さんが「大阪~!」と叫ぶ場面で、会場は
横浜なのでどうするか?って話になり
要さんは「ここは横浜なんだから横浜」と言えば
曲を作ったKANさんは「そこもちゃんと歌詞カードに書いてあるからその
ままで」と主張。
馬場さん、真面目だからすごい悩んでる(^^ゞ
元々それぞれ2人らしい意見でもあるんだけど、こうやって馬場さん困らせて
楽しんでる気もする(笑)

「横浜」にするか「大阪」にするか発表しないまま、曲スタート
席がわりと近かったので、口に出す寸前まで物凄い悩んでる風の
馬場さんがよく見えた。

困った挙句、馬場さん大阪と横浜を混ぜて「おお~はま~!」って
言ってた(笑) そして直後に「横浜~」って言ってました。
要さんも「サンキュー大阪~」って歌詞があるけど、そこは特に触れずに
普通に「横浜」でしたね。

アンコールは「きれいな心の人にしか生えない」という羽を全員が
つけて登場アカペラで「Longest Time」

羽があるとギターやベースがかけらないので羽はアカペラの1曲のみ

最後はスタレビの「愛の歌」を皆で一緒に歌いました。
もう何回も一緒にやってるからスタレビファンもちゃんと歌えてる
感じ。

2時間以内に収まったイベントで、長いライブに慣れてるので
いつもよりとっても短いけど、これで無料ですからね。
とってもお得なイベントでした。
大阪だけとはいわず、東京でもこういうのやってくれないかなぁ。
できれば屋内、椅子ありで。
あ、もちろん有料で、ちゃんとチケット買います!(笑)


2013/9/24
@横浜ブリッツ


関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。