スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴスマニアファンの集い2013 東京2日目
2013年07月02日 (火) | 編集 |
ゴスマニアファンの集い東京2日目
@Zepp Tokyo



もう、スタンディングがきついので東京は2公演あるけど
1公演のみの参加にしました。

ちょっとした出来事がありまして、前の方ではないけど
段差+バーが確保できそうな番号がきたのはありがたかった。

PAそばの段差+バーを確保、バーにかばんもかけて
大分楽になった。荷物は少なくしてはいるものの、やっぱり
ずっと持ってると疲れるから。

入場すると舞台上ではてっちゃんが(というより涙香らしいが)
DJ中、そろそろLIVE準備だってところで
「俺にもやらせてくれっていう友達がいるんだ、DJ K2!」とか
言って、黒ぽん登場。

・・・とはいえ曲のつなぎが上手くできないであろう黒ぽんに
懸命に指導するてっちゃん。
1曲目はマイケルの「Rock With You」で2曲目が「Billie Jean」
なんかもうこの場面が「お父さんと子供」みたいで微笑ましかった(笑)
てつや父さんは薫くんが心配でしょうがないの。

後で話してましたが、楽屋では舞台の様子が見えるので
ちゃんとできた時にはヤスと陽ちゃんでハイタッチだったそうです(笑)

そんなこんなで開演前から客席を暖めてくれました。
で、バーを確保したはいいが、またしても近くに変な人が
来ちゃう運を発揮してしまい・・・
すぐ隣に恐ろしくうるさい人が来た、DJの時とかも
「フォー!!」みたいな奇声がすごくて・・・いや、盛り上げの
掛け声的なのはあっていいんですよ、ただね、音量が半端ない。
隣の私は 「え、そのテンションずっとそれで行くの?歌も全部
歌うんじゃないだろうね?」とか思って、不安いっぱい(汗)

で、不安を抱えて開演(ちょっと大げさ)
さすがに全部一緒に歌うようなことはないようで
よかった。


セットリストは覚えてませんが・・・
おー、これ歌うのか!てな曲はありませんでした。

LIVEの途中に発表されましたが、カバーアルバムを
出すとのことで、カバー曲を歌うのに力が入ってて
オリジナルは最近歌いなれてる曲ばかりだったかなぁ。

バンドはなしでバリK~んバンドです。

だいたいで
「侍ゴスペラーズ」(短め)

「ポーカーフェイス」
ライムスのラップの部分はメンバーがちょっとずつやってました。
何故か最後の方の「ひとひらの~♪」の辺りを「歌って!」と
てっちゃん。
”はい!きました!”って感じで隣の人が地声大音量で歌い始めた。
本気でうるさい!! 歌うのはいい、周りとのバランス考えてよ。
思わず反対隣を見たら、その人も 「うるさいな~」って感じで
呆れ顔。

あんまりうるさかったんで「大丈夫ですか?」と言ってくれました(^^ゞ
妙な連帯感が生まれた(爆)

「約束の季節」
黒ぽん微妙に3文字程間違える(^^ゞ

集いというとネタの部分が多いですが今回はトーク番組風な
「ミュージックトゥモロー」(だっけ?)ってのがありまして
司会が中村まことさん!(←これがなんだか嬉しかった)
ゲストはゴスペラーズ
そこでデビュー前やアカ街の映像が少し流れました。
「94年デビュー? じゃ、結構(歳)行ってるんだね」とか
言われてた(笑)
CMで流れたので知ってるかもしれませんってことで
「ウィスキーがお好きでしょ」(短め)

あれ?ここでカバー曲歌ったのかな・・・

そして2組のゲストが黒ぽん(ソロでね)
最近出たソロアルバムから「Break it down」
この曲ね、カッコいいのよね。アルバムはアッパーな曲も何曲かあって
良いアルバムですよ。ゴスといえばバラードのイメージですが
アッパーな曲歌ってる時の黒ぽんも好きです。
ソロで1枚聞くと、やっぱり黒ぽんはすごいシンガーだと思います。
(ソロLIVEのチケも取ったよ♪)

このコーナーは終わり 再び5人で・・・カバーアルバムの話だった
かしら。
「日本を代表する女性歌手」的な表現でユーミンの曲だなーと
思い、イントロの雰囲気で「あーあの曲だな」と思ったらやっぱり
あの曲 「やさしさに包まれたなら」(アカペラ)
リードは酒&北でした。

で、アカペラの後なのでこの辺りで・・・
まことさんが「ブラボー!ブラボー!」って叫びながら出てきて
メンバー全員のほっぺにブチュー(笑)
アカ港の一場面の再現ですね。
ただアカ港では酒井さんは、何もされずにいたんですが
今回はもう全員(笑) 確か陽ちゃんは2回されてました(笑)
その後もアカ港の場面を再現して「Tiger Rag」へ

あれ、もう10年も前なんだよね、懐かしかったなぁ。

そして更に映像ネタ「ぶらりゴス散歩」(?)
毎公演、公演地のどこかでロケをしたらしい、前日は「中野」で
私が見た2日目は 黒&北コンビで「井の頭公園」
黒ぽんが案内役で井の頭公園と動物園をブラブラ
リス触ったりしてました。
そういえばモルモットが箱にやたらとみっしり入ってる映像は
皆ひいてた・・・なんであんなにみっしりなんだ・・・。

動物園の後は、公園の池で足漕ぎのスワンに2人で乗っているの図
なんかもう緩すぎる映像なんだけど、ほのぼのしてて面白かった(笑)
黒ぽんかわいいし。
最後は売店でカレーを見つけた黒ぽんがカレーを食べ
陽ちゃんは蕎麦を食べて、お土産にTシャツ買ってました。

で、そのTシャツを映像終わりに着て出てきました。
これ、他の公演(地)のも見たいなぁ。
FCで売ればいいのに、白いディスクに焼いただけのDVDで
いいから(笑)

カバーアルバムの話で 日本で初めてアカペラがレコーディング
されたのはいつだと思う?という話になり、客席から正解が・・・
昨日も見てたんだろうけど、そういうのは黙ってればいいのにね(^^ゞ

で、その一番最初のレコードに入ってる曲をカバー
「猫騒動」
曲の途中にちょいちょい入る酒井氏の猫の鳴き声が上手い
さすが猫に育てられただけありますね(笑)
内容は猫ちゃんなんだけど、よく聞くと 勇ましく戦いに行く内容にも
聞こえましたね。時代的にもそんな感じなのかと。

最後に盛り上がりパート

歌う前に、舞台後ろのスクリーンにメンバーそれぞれの顔写真
これが、マイクを通した声の音量に比例して大きくなったりする
これで遊び始めたてっちゃん。
黒ぽんのマイクを奪い「黒沢ーーー!!」と絶叫
黒ぽんのマイクなので後ろの黒ぽんの写真がどーんと
大きくなる。
アー写の無表情の写真だから、余計におかしい。
そして今度は5人のマイクを集めて「黒沢ーー!」
客席にもマイクに向かって「黒沢ーーー!」って叫ばせて
ました。
このお遊び自体も面白かったけど、てっちゃんどんだけ
「黒沢」って言いたいんだよ、と心でツッコミ(笑)
「黒沢大好き」なのはわかってるから、みたいな。
もうひたすら愛を叫んじゃうてっちゃん。

歌う間もその顔出したままやるの?おかしくて集中できないぞ
と思ったら、そうじゃなかった。
音量に対して画像が変わるのはやってましたが。

「STEP!」
「ギリギリSHOUT!!」
多分この曲の中では後ろに顔出てました、おかしかった。

「一筋の軌跡」
また来ました、一筋での 「大音量隣の人」
「歌って」と言われてるので歌うのは大いに結構ですが
「あなたの歌聞きに来たんじゃない」って感じで舞台の音
聞こえないくらいの大声・・・もう地声で叫んでる感じだね。
(歌なんだからぁ~)

楽しみ方は個々の自由だし、盛り上がってる人を悪く言い過ぎ
だとは思うんですけど、でも本当~にうるさかったんです。

あれが通常のツアーとかで近くに居たらと思うとゾッとします。
まぁ今回はスタンディングなんで逃げれば良かったじゃん、って
感じですが、それも癪でしょ、せっかく見やすい場所に
いたのに。
左耳キーンですわ。


最後は
「言葉にすれば」


アンコール
「ゴスマニアといつまでも」(「君といつまでも」)
まことさん含め皆ギター (黒ぽんはウクレレ)
皆なんとか演奏の形にはなってましたが
酒井さんだけギターできないから、殆ど持ってるだけ。
メインはまことさんのギターですね。
間でてっちゃんがリコーダー吹いてました。

「Love me!Love me!」


楽しかったけど、やっぱりスタンディングは疲れますねぇ。
椅子欲しい。
しかも間に映像見てるだけの部分とか、ゴスが舞台に
居ない時間もあるのに、こっちは立ったまま・・・とかね。
安く済ませる為と集客の幅がある程度どうにかなるってんで
Zeppとかでやるんだろうけども、通常ツアーの値段と一緒でいいから
普通に椅子のある所で見たいよ。
スタンディングだから行かない~って人もいるんだからね。

海外集いは元から参加するつもりはないし、このままスタンディング
だと、近いうちに参加しなくなってしまいそう・・・。



2013/6/11
@Zepp Tokyo




関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。