スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
live K 2013~641~ @中野サンプラザ
2013年06月30日 (日) | 編集 |
「LIVE K 2013」とタイトルがついているもののツアーとかでは
なく東京、大阪の二公演のみ
そのうち中野サンプラザ公演に行ってきました。
意外な事に(と言っては失礼だけど)中野公演はSOLD OUTに
なってました。
活動休止前はサンプラいっぱいにならなかったのに、休止明けに
売り切れっていうのはどういう事だろうかと思ったもので(^^ゞ

ホールLIVEはバンド形式でギター、ベース、キーボード、ドラム
パーカッションとKくんのピアノ、そして今回はホーン隊3人も
いて豪華な音でした。
メンバー紹介でわかったんだけど、パーカッションやってるのが
Kファンにはお馴染みのドンちゃんでした。
確か「堂本兄弟」とかでも出てきたパンツの話のハンドンジンくん。

今のところ日本に来て生活してるっぽいのだが、まぁよくこのご時世で
日本に来たね・・・とか思った(^^ゞ

セットリストは覚えてないので、コーナーごとに歌ったなーと
いう曲を

OPは暫しインストのようにピアノを鳴らし、そのまま「641」へ
641とは軍隊に居た日数ですね。
「スニーカー」
「幸せを数える」
この辺も彼の今までをそのまま歌ってる曲ですね。
みんないい曲だと思うけど思いがこもり過ぎててちょっと重い(^^ゞ
(重いの苦手なんで)

「Traveling Song」

それからカバーを2曲
「Don't Stop the Music」
「Part Time Lover」
いつも思うのだけどカバー曲 楽しそうにやるよね。
好きな曲だからでしょうけど、自分の曲じゃないから
いい意味で気楽なんでしょう。間違えたりすると失礼に
あたるけど。

「My Piano」
「dear...」
「ハラボジの手紙」

展開が大きくなりすぎ、何故かこの曲を原案にした小説まで
出ることになった「ハラボジの手紙」 
レコーディング化されたら、前に歌っていたのとは歌詞が変わって
いました、どこがどう変わっているかは、歌詞を覚えないので
わかりませんが、結構変わっていた。

まぁ、この曲はいい曲(内容としても)なんだろうけど、やっぱり
重いので苦手なんだよねぇ。
この曲で「泣きました!!」みたいな人は多いみたいだけど
泣けないのよ、あまりにも自分の世界と遠くて(^^ゞ
いつも恐いお祖父ちゃんって時点で共感できないから・・・(爆)
昔、同居してた祖父は孫(私)には超甘やかしの人だったもん(^^ゞ

それにこの曲、なんとかの神様と一緒で長いんです、そこも
苦手な部分なんですよねぇ。

この後はバンドメンバー全員前に出てきて、アコースティック
コーナー
「Beyond the Sea」
「抱きしめたい」

なんだか和気藹々で、とっても楽しそうでした。
お次のカバー曲は
「誰でもきっと知ってるはず、だって僕でも知ってるんだもん」
と言ったので、あの曲だろうな、と思ったらやっぱり
「上を向いて歩こう」 でした。

この曲は、色々な所で歌われてるので 人気のある曲だと
思うのだけど、私としてはそれ程好きでもない・・・(^^ゞ

再び元のバンド形態に戻って、ホールLIVEの時はいつも
やるインストを・・・このLIVEの為にベースの方(多分)が
作ってくれた曲です。
カッコよかったです。
いつもの事だけど、インストでピアノ弾いてる時のKくん
とっても楽しそう。
歌詞気にしないで、思う存分演奏できるからだと思うんだけど

ここからはアッパーな曲が続きます。
「Y.E.S.」
「What's your problem?」
「Music In My Life」
「Director's Cut」

「Y.E.S.」はもうLIVE行く度書いてるけど、ほんとカッコいい。
こういう曲もっと歌って欲しい。
「What's your problem?」 これ「641」の通常版に入ってるの
で、聞いてなくて LIVEで初聞きだったんだけど、初回盤に
入ってる「Director's Cut」よりこっちの方が好きだなぁ、と思った。
(両方は買えないよぅ・・・)

「Y.E.S.」と「Music In My Life」聞いてて 改めて
「SOUL POWERに出て欲しい!!」と思った。
イベントにもこの辺の曲は合ってると思うのよねぇ。
まぁ若手のダンス枠には入れないから、難しいのかなぁ。
微妙に若手じゃなくなってきてるし(^^ゞ

いつか黒ぽんとの曲も聞きたいものです。2曲もあるのよ~。
(ファンになる前に一回聞いただけなので)

アンコールは
「Only Human」
「Bye My Friends」
「Bye My Friends」でイントロの「ラララ~♪」の所から
手拍子が入っちゃうもんだから
「ここはまだでしょ~、ドラムが入ってからじゃない?」って指導
するKくん。変な雰囲気になって一瞬笑って歌えなくなってた(^^ゞ
そもそもこの曲は手拍子いらないと思うけどねぇ。
どっちにしろ私はどの曲でも殆ど手拍子はしませんけど。
煽られた時くらい?

いつものようにグッズ紹介もやってて、面白かった。
だけどこれもいつも思うが、限定物(会場限定とか数量限定とか)が
多くて買うのが大変。
今回は何故かキティちゃんとコラボしてて、それがちょっとかわいかったので
(キティ好きでもないのに)欲しいなーと思ったけど、グッズ列の
すごさに断念。
「限定」とかすれば売れるのはわかるんだけど、列に並ぶ時間の無い人も
いれば、LIVEに参加できない人もいるのだから、普通に通販すりゃ
いいと思うんだよねぇ。
そこら辺は面倒なんだろうか。
限定物にして売り切っちゃえば無駄が出ないもんね・・・。

そして弾き語りツアーも発表になりました。
最終日が沖縄でKくんの誕生日、その前日は誕生日カウントダウンのイベントも
ありでツアーも組まれてる、それが恐ろしく高い!!!(お値段が)
トークショー楽しそうだから行きたいけど(そっちかよ・笑)
あまりにも高いわ。
Kくんのファンは(私以外の)金払いのよい感じの人が多いので(爆)
文句も無いんだろうけど、というか言ってもしょうがないが。
私は他にも色々見たい人だから、ここだけにそんなに金払えるか~って
感じです。もうちょっと良心的な値段にしてねー、と思う次第です。

2年近くのブランクがあっても、変わりなく歌は良いし、ピアノも良いし
お喋りは楽しくて、LIVEはとても良いので、あとはスタッフさんが
もっとファンを大事にしてくれると嬉しいですよね。
(いろんな面で高い金額設定とか、グッズの販売とか・・・)
Kくん自身はとってもよい子なんだから
(・・・今年30歳の人つかまえて「子」っておかしいですが・笑)

弾き語りツアー やっぱり沖縄は行く事にしちゃったけど、いいのかな
あんなにお金使って(自分)
ゴスのツアーもあるのに~。



2013/6/1
@中野サンプラザホール

これLIVEに全然関係無いけど・・・
前も書いたかもだけど、FCサイトのスタッフのフレンドリーさが
いつもイラっと来るんだよねぇ。
あのフレンドリーさが身近で嬉しい、って人もいるかもしれないけど

「身近」に感じられて嬉しいのはアーティスト本人であって、スタッフ
じゃないと思う。

「楽しみにしてね!」みたいにスタッフに言われてもさ・・・(笑)
あなたはあくまでスタッフで、こっちは客なんだからさ
くだけた感じは少しくらいいいけれど、くだけすぎ。
くだけすぎて、ちょっと上から目線にも感じちゃう。
「もうすぐ情報解禁だから待っててよ!」的な。
ちょっとアーティスト本人と目線が一緒すぎやしないかい?

ま、そういう雰囲気もKくん自身が望んでるのかもしれないけど。
こういう風に思うファンもいるってことで。

関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。