スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーディングカンパニー vol.11
2012年10月28日 (日) | 編集 |
大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき 自作朗読会
リーディングカンパニー Vol.11

毎年恒例のイベントに今年も参加して来ました。
今年の会場は築地の「浜離宮朝日ホール」

もう11回目になるわけですが、私は最初から参加して
いるわけではなく、何回目から参加してるのかな、と
思い今日買ったパンフを見てみたら2007年の6回目からの
ようです。

昼夜2回公演の夜公演に参加しました。
会場に入ると、今年も物販で大沢さんと京極さんが
売り子やってました。売り子というより今年は売り子の
お姉さんの後ろで呼び込みやってました。
私もパンフと去年のCDを購入した後、しばらく見物して
ました。
出版社の方も結構来ていて、大沢、京極両氏の目に入ると
「○○社の△△さ~ん、パンフ買わないんですか~」と
大きな声で言われてるのがおかしかった。

チャリティーイベントなので、物販の売り上げも収益は
寄付に回るんだと思う。

小ホールの楽屋口とトイレの出入口が90度の位置にあって
開演準備に楽屋へ戻って来た京極さんと、トイレから
出た所で出会い 思い切り目が合ってしまった・・・(笑)

さて、公演の内容については朗読なので書きようがないと
いえばないんですが(^_^;)
1部が 京極さん、大沢さん、宮部さんの順で一人ずつ朗読
今回は京極さんの朗読のバックにパーカッショニスト渡辺亮さん
の生パーカッションが入るというコラボ
京極さんの朗読した作品は今回のイベントの為の書き下ろし
でしたが、今年も京極さんらしいなんとも不思議な話だった。
いずれ作品になるかしら。

2部は3人の共演で大沢さんの作品を。
ファンにはたまらないアドリブなんかもあって、11回も
やっているとはいえ、本当に3人とも上手いです。
割とライトな作品だったので元々の笑い所もあるんだけど
本当は「母ちゃん!」ってなってる所を 京極さんが
「ママ!」に変えちゃってたり。
面白かった~。

去年10回目ということで今後はどうなるか、なんて言っていた
けど、今年もやってくれて良かったです。
これからも続けて欲しいものです。


関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。