スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴスペラーズ ハモリズムin国際フォーラム2days
2011年12月01日 (木) | 編集 |
一ヶ月ちょっとぶりにハモリズムに参加してきました。
1、2曲 「あ、この曲もあった」って忘れてる曲があった(^^ゞ

1日目は友達のおかけで3列目のセンターブロックという
良席に恵まれました。
なので久々に思い切り見つめてきました。
酒井氏・・・あんなに頭モジャってたっけ?とか(笑)
松戸も6列目と前の方だったのにあまり記憶がないのよね(^^ゞ

2日目は2階席で2日間の差が大きかったけど、もちろんどちらも
楽しみました。

ただ、ステージから席が遠くなるとマナーの悪い人が増えるのか
なんなのか、隣の人がスマホの電源切ってなくて、途中で時間の
確認だかなんだか、思い切り光を発散させてた・・・。
注意できたらいいんだけどねぇ、ちびっ子の私に対して ちょいと
大柄なおねえちゃんだったから、怖かった・・・(爆)

毎回のようにこんな事書いてるが、私って近くに変な人来る率
高いわぁ・・・。

では、以下ネタばれですのでたたみます。

セットリストは変わりませんので曲目に関しては特に
書くことはないですが、青森で「ウィスキーがお好きでしょ」に
変わってた所は「THANK YOU」に戻ってた。やっぱり響とかで
行けてない所なんかは「ウィスキー~」なのかな。
やっぱり「THANK YOU」カッコいいわぁ。

そういえば、同じホールで、ゴスの前日と前々日がBoyz II Menの
LIVEだったらしく、客席に「見に来た人いますか?」と聞き
数人いたんですが 「この曲歌いました?」と聞いたら
歌わなかった、との事。

「そうなのかぁ~、ということで替わりに歌わせていただきました」
なんて発言もありました。

酒井さんは立上り、2、3歩歩き「この辺かな」と床を指差してました。

高校時代どうだったの話は毎回同じではあるけど、話し出すタイミング
とかで「こんなだった」の説明が長くなったり短くなったり

1日目の陽ちゃん
「当時、歌詞という概念が無かったので・・・」と言ったら 他の
メンバーが
「いや~衝撃的!歌詞の概念って・・・!」と盛り上がってました。
この「概念」発言はどっかでも聞いたことあるような無いような。
いずれにしろ「概念」って言い方が彼らしいですね。

それに対しヤスは 「僕は歌詞という概念があったので」と。
そういえばヤスのバンドの同級生の名前、言わなくなりましたね
会場大きいし、やめたのかな。

ヤス曲を歌うのが3人て事でどの3人が歌うのか決めるのに小ネタが
入るようになってた。
1日目は 着替え終えた3人と黒ぽんはグッズのチーフを使ってるけど
てっちゃんだけ使ってないし・・・じゃぁ誰にしようってことで
結局衣装の色が一緒の3人、って事になってました。

黒ぽんは最初の衣装で シャツが紫だから始めからチーフはグッズのを
使ってるんですね。

酒井さん曰く
「どんどんこの時間(年長ズが去るまでのやり取り)が長くなってる」
との事。
ネタばれとか見ると地方はもっと面白そうだけど東京は大人しいわ。

ヤスは自分で曲を作っても 「アカペラ」という言い方も当時は
知らなかったそうで
2日目には「CHARMINGとかお兄ちゃんが好きで持ってたので聞いて
たんですけどね」と言ってくれたはいいが ちょっと「スタレビ」が
出て来なかったのか・・・(笑)
陽ちゃんに「スターダストレビューさんのね」と補足を受けていた(^^ゞ
昨年も一緒にやったのに・・・忘れないでちょうだい~。

あと、いつも全てにしっかりしてるヤスがいまだに「お兄ちゃん」って
言うのが気になるんだよねぇ・・・大人なんだから「兄」と言いましょう
と、思っちゃう(笑)
TVに出てる人とかの「うちの奥さん」も気になるわー。
身内に「さん付け」かよって思ってしまう。
「うちのカミさん」は許せるんだけどなぁ、全く関係の無い話で。

で、話は戻るが ベテランスタレビファンの同行者Iちゃんによると
「CHARMING」はアカペラアルバムではなく、楽器も入ってるそう
コーラスメインアルバムってとこでしょうかね。
実物を手にしないとですねぇ。
86年の発売ですから、アカペラって何?って時代よりもっと早いよね。

私の場合はチャゲアスがアカペラやったのがあったので、それで
知ったのかなぁ (93年だそうで)
とりあえずゴスのデビューよりは前って事ですね。

あと しつこいようだが酒井さんのBON JOVI聞きたい~(笑)

1日目には てっちゃんが黒ぽんに「お薦めのグッズは?」とか
聞いていて 黒ぽんが「スカーフです」って答えてた。
その流れで 「グッズで水が出たら」みたいな話になり
「水を売るようになったらお終いだ、怪しすぎる」
「ハモリ水(すい)とか言って」
「いい声が出ます」
「でも小さく(個人差があります)とか書いてあるの」
なんて話をしてました。

確かに ただの水を500円くらいで売ってたら怖いな・・・(笑)
そこはかとなく ある方向のにおいがするわ。

1日目はなんともなかったですが 2日目にてっちゃんの声が
出てなかったです。
一番出てなかったのが、ファルセットの一部と高音の一部って
ところでしょうか。普通に歌う声もどんどん出しにくくなってくる
感じで殆ど地声で歌ってる感じがしたなぁ。
ファルセットの見せ所って部分が一番出ないみたいでした。 
「銀座カンカン娘」で気が付いて、あぁファルセットが出にくいのね
と分かってからは あとの曲どうすんの・・・とハラハラしました。
「ひとり」は途中の一部分をファルセットが無理だったので
ストンとキーを落として歌ってました。
「見つめられない」はてっちゃんのファルセットフィーチャーだから
聞いてて辛かった・・・。

「Higer」では途中黒ぽんとパートを交替してました。

誰かメンバーが目に見えて調子が悪い時などは、他のメンバーが
すごい頑張るんですよね、特に黒ぽんの声がどんどん大きくなってた。

「Lean on me」の黒ぽんの熱唱がすごすぎて、客席から自然と拍手が
起こってた。
申し訳ない事にこの曲では特に感動したことないんだけど(爆)
というより曲で感動ってあまりしないのよね、私。
歌唱で感動する事はありますけど。

で、その拍手が起こった黒ぽんの熱唱は私もウルっと来ましたですよ。
黒ぽんのてっちゃんへの愛にねぇ、感動したわけです。
いいなぁ、メンバーって、男同士っていいね~。
女同士ってこういうのないものねぇ。

思えば今年の苗場で黒ぽんの声が出なくなっちゃった時は
やっぱり他のメンバーの声が大きかった。
あの時は1日目に声が出なくなったので、2日目にちょっと復活してた時
にも聞いてて「歌えて良かった」って涙ものでした(^^ゞ

コール&レスポンスも てっちゃんの代わりに黒ぽんが担当
男性、女性に分けてやる時の女性パートがなんというか「きゃぅ♪」みた
いな音で その音が返って来た時の黒ぽんの喜び方がキャピキャピしてて
かわいかった。
「大きな声で騒げ!」は「俺これやったことないけどっ!」とか言いながら
やってて最後に「これ楽しい~♪」って言ってました、あぁかわいい(笑)

でもって ジャンプ+着地でバンドを締めるのもピョコンと跳んで
ちょっと開脚~着地が、またもやすごいかわいかった。

頬を染めるよ~♪の「頬染めポーズ」もかわいいし。
40歳のおじさんつかまえて「かわいい」言い過ぎなのはわかってますが
かわいいんだもの、しょうがない。

声が出なかった事については 最後の挨拶で触れて、謝罪してました。
そういう事に触れる事って珍しい。
まぁ、触れずには居られないくらいの状態ではあったわけだけど・・・。
「甘えた発言に聞こえるかもしれないけど、これが今日の自分だと
舞台に乗せることに決めました」みたいな事を言ってました。

確かにそれはそうだし、これでまた延期なんて事になるともっと大変
だったと思うけど(今年一回やっちゃったし)
幸いにも私は、ツアーがあれば複数回見られるから、その公演が調子
悪くても他の日があるけど、この公演1回きりしか見られない人は
気の毒だなって思う。

てっちゃんはメニューを決めたら 誰か調子が悪かろうとセットリスト
変えたりしないですね。同じメニューをやってこそ、っていうのが
あるのだと思うのだけれど。
こういう時こそ「5人ともリードを取れる」ってのは強みなんだと
思うのよね、だからちょっとメニューを変えたっていいと思う。
まぁバンドも居ることだし、アカペラばかり増やすのも大変だろうが
バンドの皆さんももう何ツアーもやってる人ばかりだしなんとか
なるんじゃないかと。

ちょっと調子が悪い、とかならそのまましょうがないけど、あれだけ
目に見えて悪い場合はその方がいいよ、聞いてるこっちだって
辛いから。

今ツアーでいうならば 「ひとり」はなくても「永遠に」があれば
流れは十分成り立つし、苗場で黒ぽんの声が出なかった時は「永遠に」は
やめればいいのに、って思った。
あれは本当に聞いてるこっちも辛かった。

いい意味での「諦め」も必要ですよね。
誰かが調子悪い時 他の4人があれだけ頑張っちゃえるゴスなのだから
そういう方向に転換してもいいのじゃないかな。
初めてゴスを見た人が「一人歌えてない人が居た」って思って、その
ままの印象だったら、と思うとねぇ。

とまぁ、ここで色々言っても伝わらないんだけども(爆)

1日目の最後の挨拶では
陽ちゃんが「LIVEが始まってすぐは、今日のお客さんちょっと大人しい?」
と思ったけど、徐々に上がって行ったと言ってました。
そうだったのか、1日目は自分が前の方に居て久々に「うわ~」って
思ってたからわからなかった(^^ゞ

そして酒井さん 会場の2階席を「大学の講義室(?)みたいに急で
チョコボール落とそうものならどんどん転がって穴に落ちて・・・」
みたいな話をしてたけど、いい感じにオチがつかず(爆)
いきなり「ありがとうございました!」って締めようとしたので
後ろのメンバーも大ウケだった(笑)

おむすびころりんだよね、ただどんな話だったかちゃんと思い出せ
なかったけど・・・。

2日目の酒井さん
「パチパチっていう 拍手の音が天ぷら揚げてる音に聞こえる」
とか言いだしたので、その後はそういう音に聞こえて笑えました。

ヤスの挨拶で「今回のツアーはお芝居とかもなく歌だけで、白ご飯
だけです」みたいな事を言ったら
「天ぷらがあるから天丼だ、豪華だ」とか、誰が言ったんだっけ
酒井さんか?

その話が黒ぽんにも影響 
「酒井が変な事言うから、本当に天ぷら揚げてる音に聞こえちゃって
 180度、菜箸入れて確認」とか
料理好きの黒ぽん発言。
最後に袖にはける時も「かき揚げは難しい~」とか言いながら去って
行きました。

さて、次は倉敷です。
その頃にはてっちゃんも快調に戻っていていただきたいものです。

関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。