スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタレビ 楽園音楽祭2011 日比谷野音 その2
2011年09月15日 (木) | 編集 |
野音のその2です。

セットリストは→ 「その1」 に載せてます。
その1もちょっとだけ付け足しがあります。どこだかわかり
にくいと思いますけど(^^ゞ

長~いメンバー紹介の後は
私は始めて聞く曲「横顔」
要さんは「ちょっと寂しい歌ですが」って言ってました。
確かにそんな感じの曲だった。
コーラスが良かったなぁ。芯のしっかりしたメインボーカルと5人の
コーラスは聴いてて気持ちが良い。

次は「皆さんにも歌ってもらいたいと思います」
男子と女子に分けて 「オーオーオオ~♪」のコーラス
練習はほんのちょっとで、客席のコーラスにのせて
「マシュ・ケ・ナダ」
スタレビのファンは慣れてるからだと思うけど、声が出るのが
早いよね。ゴスもこういうのやるけど声の出だしが違う気が
する。
要さんは「練習なしだよ、すごいねー」って、言ってます。
(いや ちょっとはしたじゃない)

初期の頃よくカバーしていたという
「tea for two」 (nick decaroカバー)
洋楽は本当に疎いので知りませんでした・・・。
でもなんか聞いた事あるような気がしたのは 河口湖の思い出
だろうか(爆)

そしてここからは要さん以外のボーカルで
「瑠璃色の涙」(柿沼さん)
これはCD持ってるから知ってる。
要さん「瑠璃色ってどんな色か調べてみたんですよ
紫と青(?)の混ざった色って、どす黒くないですか?
どす黒いって・・・(笑)
「アイメイクが落ちたらこうなる」とか
「号泣する前は化粧落とした方がいいですね」とか言ってました。

「さよならの足音」(VOHさん)
イントロが終わり歌い始めようとすると、要さんが
「あ、曲のタイトル言ってなかった、言わないと」と演奏を止め
もう一回やり直しで、次に歌い始めようとしたら
「ところで、さよならの足音ってどんな足音??」とまた
演奏を止める。
要さん「じゃぁ、『こんにちはの足音』とかもあるのか?ちょっと
寺田やってみて」って言って寺田さんに振る。
寺田さんはドラムで何やら軽快なリズムを叩いてました。

ちなみに河口湖では「さよならの足音ってどんな?」って寺田さんに
振って、今回の「こんにちは」と同じような感じで
要さんに「なんかそれじゃ楽しそうじゃん!」とかいう流れだった
ような。

そしてVOHさんは 「もう、質問ない?無いね??」と言い
3回目へ・・・イントロが終わってそのままアウトロへ・・・
メンバー深々とお辞儀・・・っていう落ち。
しょうがないから一緒に深々とお辞儀をするVOHさん。
そのままもう一回イントロを演奏しやっと歌わせてもらうVOHさん。

VOHさんいじり半端ないわ(^^ゞ

「Cassiopeia」 (寺田さん)
曲前に 要さん
「寺田にMCもやってもらおうと思います、台本も書きました」
前に出てきた寺田さんに台本を渡し、読み始める寺田さん
台本が逆さまになってるっていうお約束もあり・・・
内容はちょっと忘れましたが
「皆さんのおかげでスターダストレビューは30周年を迎える
事ができました(深々とお辞儀)」とか
もちろん そのカッコ内もそのまま読んでお辞儀をします(笑)
「これから僕が歌いますが、その間に居眠りしたりトイレに
行ったら・・・呪いますよ(客席を見渡しながら)呪いますよ」
ゆっくり口調で言うもんだから怖いよ(笑)

そういえばシングル3曲からここまでずっと座ったまま
スタレビのLIVEにしてはちょっと長い時間座ってましたね。
野音のイスは石だから硬くてお尻が痛くて・・・早くスタンディング
したかった。
イスが硬いから長く感じただけかもしれない(^^ゞ
ちなみに河口湖も同じようなイスの造りだけど、会場でマットの
座布団配ってくれるんですよ、だから大丈夫だった。
数年前の野音LIVEの時 座布団くれたよなぁ、次はアレを持って
行くべきか??

後半の盛り上がり部分は最後まで一気に
「What A Nite!」
「HELP ME」
「Whisky A Go-Go」
「GET CRAZY」

「Whisky A Go-Go」はコール&レスポンス
「いいくに作ろう~」「鎌倉幕府~」と
「生麦生米~」 「生卵~」
これこの間のめざましLIVEでもやってるの見た。
鎌倉幕府~は以前のLIVEでもやった事ある気がするけど
生卵は私は初めて(どうでもいい情報)
なんかこれ妙に楽しいんだよね(笑)

で、本番のコーラスは舞台向かって右が 「ラララ~♪」で
左側が「オーオーオーオ♪」の掛け合い。

「GET CRAZY」
ロングトーンでぶっ倒れる要さんをスタッフが飛んできて
助けるっていう「マントショー」的なものを。
それを2回。一回目が銀のマントで2回目が金のマント

河口湖ではマントというかただのシートみたいな感じでしたが
野音では金のマントって感じになってた。
ちゃんと金のマントつけて最後歌ってましたから。
背中になんかマークが付いてたなぁ、見えなかったけど。
レビちゃんかなぁ。

夏で暑いからって意味もあるんでしょうねー、野音では柿沼さんが
倒れてる要さんの所まで行って、団扇であおいであげてるんだけど
それがなんとも力の抜けたあおぎ方で、それがおかしくてしょうが
なかった。
ゆっくりすぎて 風ほとんど出てないでしょ、って感じ(笑)

倒れるネタは関係なく、相変わらず要さんのハイトーン&ロングトーンは
すごいですね。

<アンコール>
こちらも皆で歌う
「ニッポンの汗」
これって前の野音で初めて歌ったんだったかな~。
この曲の時だけ肩にタオルかけて歌う岡崎さん。
彼はLIVE通してギターだったり鍵盤だったり、歌詞に合わせて
踊ってみたり、忙しく動いてる、そしてとっても楽しそう。
スタレビは舞台上皆楽しそうですけどね。

「Syncopation Love」
カッコいい曲だと思うんだけど、あんまりやらないよね。

「銀座ネオンパラダイス」
「ここからすぐ近くの曲です!」
途中、間奏が終わって歌に入る所の「ウッ!」ってやつ
「ダメダメそれじゃ、もっと気合入れて!」って曲を止めて
練習、何回もやってみて 「そうそうそんな感じ」とか
言いながら 「いいのかな、こんな事やってて」って
笑ってる要さん(笑)

最後は 震災からちょうど半年で・・・っていう話
要さんは とにかくお喋りが面白いけれど、こういう
真面目な話もサラっとできる所がいいですよね。
説教臭くなくて、聞いてて素直に受け入れられる。
簡潔なのがいいんだと思うけど(多分)大事な話だからこそね。
大事な話もダラダラ長いと、結局何が言いたいのかわからなく
なっちゃうでしょう。

ということで、この時もいい話をしていたのだけど思い出せない
というか、上手く書けないので書きませんけど

最後の曲は 「Find My Way」
要さんの気持ちが入り過ぎちゃって、大丈夫か~、っていう。
んでもって若干「本日の詞」になっちゃてたけど
ま、それはそれで「本日の気持ち」って事でよいです。

3時間ちょいでしょうか。
河口湖の時よりほんのちょっと話が長かった分だろうな。

もう9月なんだし、さすがに夜になれば涼しくなるだろうと
思ってたけど、結構蒸し暑いままだったなぁ。

野音の雰囲気ってなんかいいんですよね。
毎年は抽選で当たらなくても(^^ゞ 2年に一回でもいいから
またやって欲しいものです。
(真夏は避けて欲しいですけど)





関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。