スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴスマニアの集い2011 in東京 1日目(ネタばれ)
2011年06月20日 (月) | 編集 |
先週のことですが・・・
随分久しぶりのファンの集いに行って参りました。
(間に海外もあったりしますが行かないので)

会場はお台場Zepp Tokyo
東京公演2日間ともチケットが取れたけど
どちらも1600番台と1800番台という笑っちゃうくらい大きな番号
そんな番号初めて来たかも~。

1日目は仲間皆で早めに集まり遅めのランチをとり、グッズのポスカを
買いました。
他の仲間は2階席の人もいたけど、3桁台だったので随分早く入場の
お見送りをして、自分の番号になってから入ったら二段目の2列目の
バーの辺りがまだ結構空いていて仲間がズラッといたのでそこを
確保。
バーがあって助かった~。

楽しかったんだけど、スタンディングは疲れますね。
もう年齢的に無理、というよりも・・・
私は元々「元気いっぱい!」てな人じゃないし、スタミナないし
すぐ「疲れた~」って弱音はく人なので スタンディングとか
疲れるものは苦手。

それにさ、LIVE中はいいとして、入場する前から入場して始まるまで
にも1時間以上立って待ってるわけだからねぇ。

スタンディングはキツイって声もメンバーに届いてるらしいので
そろそろ、ちゃんと考えて欲しい。
ファンも同じく年を取るんだぞ~。
普通のホールでやってもOKな位集客もあるんだし、わざわざZeppで
やる意義がわからんよ~。

それにもう一つ、スタンディングってステージが見えない!
私が小さいから余計に見えない。
ステージに5人居ようと3人しか居なかろうとそれがわからない
のは「ファンの為の集い」としてはどうなのかなぁ。


内容についてはネタばれなのでたたみます~。
長いです。


ということでステージがあまり見えませんでした。
最初にメンバーがステージに出てきた時も誰が居て誰が
居ないのかわかりませんでした。

とりあえず隙間からチラ見と隣にいる友人から教えてもらう形で
少しずつ状況把握。

学校のチャイムとともに開演
昔やった「アカペラ学園」の再演っぽかったですね
当時それを生でみたわけではなく、確か2002年の集いの時
映像で見たのだと思う、セリフ聞いて思い出せたから結構印象に
残ってたのかな。

昔は学生服だったけど今回は皆ジャージ、何故ジャージ(笑)
ジャージの色が全員違いました。
村→緑 (もちろんグラサンなし)
酒→赤 (メガネ)
黒→黒 (メガネ)
安→紫 (1人だけジャージの前を開けてた)
北→黒地に緑線 (メガネ)
メガネ率高し。
思い出してみると 黒ぽんに赤ジャージ着て欲しかったかも。

文化祭でアカペラやろうぜ~と黒沢くんを誘う村上くん。
なんかすごい愛の手紙を書いてるのか、と思いきや北山くんが
英語の「ジェニファー先生」に宛てたラブレターを英訳中の酒井くん。

皆が北山くんを「ホクさん」と呼んでて懐かしかった。
で、物語の進行に合わせて
「ALL MY LOVING」(BEATLES)
「虹」
「めぐる想い」
「Alone」(山下達郎)

陽ちゃんがちょこちょこウクレレを爪弾きながら語ってました。
(最近ウクレレやってるって言ってたのでギタレレじゃないと
思うんだけど・・・)
「虹」のコーラスがあんまりなくて寂しかった(^^ゞ

「めぐる想い」はすごい久々だと思う。前に聞いたのいつだっけ?
この曲の酒井氏の声が若干小さい気がしたのは私だけ?
(歌詞大丈夫?みたいな)
ファルセット部分はアレンジしてキーを下げてました。

ちなみに安岡くんは(設定上)帰国子女なので、英訳は安岡に頼めば
いいじゃん、と言われてましたが、それだと英語が上手すぎて自分が
書いたと思われないから、とホクさんは言ってました。

そしてホクさんについて 
「さっき屋上で煙草吸ってた」
「2年留年してるから」
「自分の生まれた国を知る為(?)自転車で日本一周をしていてこの間
帰って来た」
らしく、皆より2歳上なんだそう。
そして最近も「ジェニファー先生の英語の授業しか出ていない」らしい
(じゃ、また留年しちゃうじゃん!)

最後は皆で文化祭でアカペラ・・・ってなるんだけど 私の文章の
流れで何故そうなるのか分かりませんね(爆)
「Alone」の最後に安岡くんの語りで
「全員、現役合格できなかったけど」って おい!(笑)

ジェニファー先生 金髪美人なんだろうなぁとか いつも見てる海外
ドラマの影響でそう思いました(笑)

以上 「アカペラ学園season2」だそうです (まとまらない)

他の人はよくわからなかったけど、てっちゃんはジャージの上着の
裾をズボンの中に入れてて、普段スーツの時もよくやるけどズボンを
上にひっぱるのが癖なのか、ジャージでもやっていて、大分ウエストが
上に来てたよ・・・(笑)

次は、2006年の集いでもやった『ゴスペラーズの作り方』
今回は入場前のアンケートでどんな曲がいいか募ってました。

マネージャーの伊藤ちゃんがアンケートの入った箱を持って登場
やたらと棒読みで司会進行(笑)
メンバーそれぞれ一枚ずつ箱からくじ引きのように引いて、テーマを
読み上げます。
決まったのは陽ちゃんが引いた
「女系家族で肩身の狭いお父さんの応援歌」
他には「青汁のCM」(?)とか「数少なくなった公衆電話の応援歌」
みたいなのがありましたが 「女系家族の~」が一番客の反応が
良かったので これに即決定。

曲作りは陽ちゃんがギターを抱え、てっちゃんがピアノの前に
座り和音を「ジャーン」ってやってました。
陽ちゃんウクレレもギターも結局誰よりも上手いんだよなぁ。

酒井さんもドラムの前に座ってドコドコやってたけど・・・
ダメですね(^^ゞ 

作詞作業はゴスのお父さんコンビ黒沢&安岡で。
終演後 詞を書いたホワイトボードがあったけど写真撮れず
というか撮りに行く気力なし、友達が撮ってくれたけど結局
反射しちゃって上手く撮れてなかった模様。
なので ちゃんとした詞は覚えてませんが、最初の辺りの詞が
黒ぽんが活躍、黒ぽん最高だった。
「便座を上げて何が悪い」とか「サラダで腹は膨れるか」とか
あとは・・・
「洗濯物分けて洗うな」とかね(笑)
男兄弟で育ったヤスくん 「え?洗濯物お父さんと一緒嫌なの!?」
とかちょっとショック受けてましたね。それから「お父さんの後の
お風呂って嫌なの?」とか。

ま、そういうものなんだよ多分、頑張れ!(笑)
我が家はそういう家庭じゃないのでお父さん虐げたりしてません
けどね。洗濯物は父が外仕事なのもあり(汚れ過ぎてるので)
一緒には洗えませんでしたけど。

途中までドラムをドコドコやってた酒井さん
「俺のドラムが下手すぎたので出てきちゃいました」
ヤスくんに「口でやればいいじゃない、それならすごい上手いん
だから!」って言われてました。
見てるこっちも「HBBやればいいじゃん」って言ってました(^^ゞ

結局、酒井さんはタンバリンを渡され、シャンシャン鳴らしたかと
思えば、頭に乗っけて「私は神だ」とか言ってみたりして
なんだか殆ど作業には参加してなかったような(笑)
その神キャラ(?)LIVEの最後まで引っ張ってた。

途中からバンドメンバーも呼んで最後の作曲作業。
バンメンもちゃんとジャージを着ている。
ホワイトボードの裏に陽ちゃんがコード進行を書いたのだと思います
バンメンがボードの裏凝視。

最後の最後にヤスくん追い込みで3,4行の詩をあげてましたね。
だけどその歌詞をあまり覚えてない、とりあえず最初の黒ぽんの
「便座」と「サラダ」の件が印象強すぎ。

とりあえず5人が楽しそうにワイワイやってました。
仲良しおじさん達を見て和むファン(笑)

出来上がった曲のタイトルは「Respect me」
悲哀を歌った歌というより応援歌なので、アップな曲でしたよ。

次のコーナーが「デモでも聞いてみよう」
曲になる前のデモを聞いてみるコーナー
曲を聞いてる間にメンバーそれぞれ袖でお着替え、ジャージから
爽やかお兄さん衣装に。

1曲目「永遠に」
まず聞いてみようって事で聞いてみる 「何の曲かわかります?」
「黒沢はわふ~♪っていうやつ」って言ったら 黒ぽん
「俺、色んな曲でわふ~♪って言ってるから」って言ってたのが
おかしかった。
デモは「ラララ~」で黒ぽんが歌って サビの
「あなたの風になってすべてを包んであげたい」の部分のみ
妹尾さんが既に書いてあったものなのでそこだけは しっかり
歌詞が入りあとは今とは違う歌詞が入っていました。
てっちゃん曰く 「まだ転調があった」って言ってました。
更に転調ってどこまで行くんだ。

「ラララ」だけのも良かったなぁ、なんというか メロディの
良さと、黒ぽんの声の良さがそのまま伝わる気がするから。

「これ歌い始めてもわからない人っています?ゴスマニアの集い
なのに!そういう人は今すぐあちらでCD売ってますから買って
下さい!」って言ってました。
確かにわからなかったらすごいわ。

2曲目 「侍ゴスペラーズ」
デモなのでとりあえずずっとてっちゃんが歌ってます。
てっちゃんが聞きながら解説 「ここ。ここはまだ普通なの
これ、この後がおかしいから」って言いながら自分で笑ってる。
おかしかったのはCDでは陽ちゃんの「インターネットベースマン」の
低音部分。
てっちゃんが若干胡散臭い低音で「べりん~♪」とか「ばりん~♪」て
歌ってる、それが物凄いおかしい。
文字じゃ伝わりませんけど。1回聞いた所で てっちゃん自分でツボに
はまったらしく 「もう1回、今の所だけ聞かせて!」って言ってもう
1回聞きました。 
歌詞が決まってないからか「突き抜けるハイトーン」が2回あったな。
あと「くろさわ かおるが♪」の名前の部分が「クアトロ 渋谷が♪」
でした。

3曲目 「いろは」
2002年の集いで初めて聞いて、すごくビックリした曲だなぁ。
で、この曲が完成するまでが とても大変だったのは語り草に
なってるけど。
「ABCD~♪」の部分は既に完璧に出来上がっていてかっこいい
のだけど、よく聞いてみるとずっとアルファべットしか歌ってない
それ以外が出来なくて 出雲まで逃避行しちゃったんですね。
デモは「ABCD~♪」って歌いながら 何順か目で酒井氏自ら
フェードアウトさせた音源だったそう。
「今ここで(会場で)スタッフがフェードアウトさせたんじゃなくて
こういうデモだった」
難産だったけど、その分いいのが出来たって事ですね。

そしてここまできてやっと(?)普通のLIVEに(爆)
曲は(順番違うかもしれませんが)
「NEVER STOP」
「うん」
「Oh Girl」
「BLUE BIRDLAND」
「見つめられない」
「一筋の軌跡」
「青い鳥」
アンコール
「あの鐘を鳴らすのはあなた」
「Full of Love」

何故 「うん」がここに入ってるのかなぁって思ったけど
「響」では月替りだったしフルコーラス歌ってなかったから
今ここで歌わないと歌う機会がなくなっちゃうからなんだろうなと
思いました。

「Oh Girl」へ行く前にビートルズの曲をバックに曲説明
というかヤスくんの、「歌でイギリスの風を~」云々の言葉が
ありました。
そう聞いてみれば「Oh Girl」のバックにも同じようなフレーズ
入ってるのね、気付いてなかった。
ただ、最初にCDで聞いた時に なんだか長年ファンをやっていた
C&Aの音と似てるなぁ、って思ってて「あぁビートルズで繋がってるのか」
と、納得しました。

その辺、雑誌とかラジオで語ってるのかもしれないがチェックして
なくて(^^ゞ

「BLUE BIRDLAND」
「ジャズを愛した~♪」の部分のメロディが難しいって話を 
陽ちゃんが。
「詞がのってるとそうでもないけど、ラララで歌うと難しい」
らしい。
「是非皆さんもカラオケでチャレンジしてみて下さい」と言ってました。

「見つめられない」
「響」ツアーで2度程 聞いていたので初聞きの感動はなかった
けれど (セリフがあるんだキャー、みたいなのとか・笑)
というか 初めて聞いた時からあの高音どうよ、ってそっちのが
心配なこの曲(^^ゞ
セリフも曲に乗ってるとそれ程 聞いてて照れくさくもないし
どうしても詞が右から左な私としては(ごめん)詞を深く聞き込めない
なので、あのセリフ、「どんだけ、何時でも見つめてるんだ」って
思えちゃうんだけど(爆)

雰囲気たっぷりのいい曲だと思うから スタンディングの疲れて
きたところでじゃなく ゆったりと聞きたいものだなぁ。

「一筋の軌跡」
「響」再振替公演でも歌ってましたね、なんとなく社会情勢的に
歌いたくなる曲なんでしょうか。
いや、好きな曲ですけどね 「ひとつになるのさ」をやり過ぎると
若干怖いよ(^^ゞ
あと最後の「ラララ~♪」の所で客に「自分なりにフェイク入れて」
とか言われても無理だから(笑)
やってる人結構いたけれど、全体として無理があったよ~。

「青い鳥」
最後の最後でこのしんみりバラード・・・
好き嫌いじゃなく、スタンディングだと ある程度リズムのある曲じゃ
ないと静止したままで辛いんですよね。
だからこの曲のあたりは本当にきつかったな。

アンコール
「あの鐘を鳴らすのはあなた」
実は「響」ツアーでは「さらば涙と言おう」を交互に歌おうと
思っていたらしいです。だけど完成しきらなかったのか これは
歌わなかった、と。
ま、私は「さらば~」の方が好きだからいいけど。
昨年の奈良で1回だけ聞いたなぁ、多分あの時にはなかった 曲締めの
「ボーン♪」って鐘の音をコーラスしてるのはなかなか迫力が
ありました。
黒ぽんの歌い方、やや声を張った感じにしてちょっとモノマネ
入ってませんでした?

「Full of Love」
アカペラとバラードが続いて、疲れていたので 曲の印象が
あまりないけど(^^ゞ
途中の酒井さんの 「思いは~♪」(一言ファルセット)が
出来てなかった・・・「めぐる想い」もそうだけど、ファルセット
苦手ですよね。
高音は前より出るようになったな、っていう時もあるけど
とっさのファルセットはなかなか上手くいかないようです(^^ゞ

皆の挨拶の部分は 忘れちゃいましたが
とりあえず1日目は酒井さんが神になってたので(笑)
あと陽ちゃんが 「スタンディングきついって声もありますが
それを吹き飛ばすパワーで」みたいな事言ってました。

てっちゃんは「僕たちに出来るのは歌を届けること、色んな所へ
行って歌いたい」と言ってました。
だから、それなら北多摩へ来いってんだ~!(爆)
地元(違う市だけど)に新しいホール出来たの、だけど 
「こもれびホール」よりキャパが少なくてガッカリしたよ(^^ゞ
財政難なのに箱物作っちゃうなら思い切ってもっと大きなの
作っちゃえよ!と無茶な事思いましたとさ(笑)

1日目は終わりです。

吹き飛ばすパワーはもうないよ。
とりあえず何より 椅子ちょうだい
と思った集い1日目でした。
関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/22(Wed) 13:54 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。