スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴスペラーズ アコースティック ライヴ 2010 in Naeba
2010年02月01日 (月) | 編集 |
アコースティックLIVEということでどうなることやらと
思ってましたけど(バンドメンバーとかね)
須藤さんが参加するのはわかっていたので、楽しみではあったんですが。
バリさんが居ないだけで あとはいつもと変わらないバンドメンバーで
まずは一安心。
※2日分が色々と混ざってる可能性もあります、ご了承下さい。

すごく長くなったのでたたんでおきます。


「陽のあたる坂道」
これはセルゲイの時以来ですかね? オープニングというよりは
エンディングっぽい曲ですけどね、しんみりしちゃうので(^^ゞ

ここでもうMC
「12月の代々木から一ヶ月しか経っていないので15周年が
終わった気がしない、苗場は15周年の打ち上げということで」と
始まりました。

まだ1曲しか歌っていないのに(爆)
ここ数年の苗場の恒例ということで
『今年の抱負』コーナー
メンバー1人ずつ言っていきます、結果的にですが昨年に
比べて皆さん漠然としたものが多かったよ(^^ゞ

酒井
*パンの一斤食いを夜中しないようにする
「夜中に食ってこれが全部脂肪にっ・・・!」って思ってるらしいです。
「パンを脱すると書いて”脱パンだ!」とも言ってました。
『脱パン(だっぱん)』はツボだったなぁ(笑)
炭水化物のドカ食いをやめる、って昨年だかも言ってなかったっけ?(笑)
*牡蠣とかに中りやすいので ”あたらない人”になる。
「歌手として、あたらない、って良くないよねぇ」って言われてました。

村上
身体を柔らかくするのは引き続き、そして今年は
『ビジュアル重視』 ・・・え?(笑) 何故に今それ。
「今日だってこれ見て、ブーツインだからね!スタイリストさんに
お願いして」
これが問題でね・・・本来なら足が長いてっちゃんはブーツインも
似合うはずなんだけども ブーツの長さが中途半端で
長靴履いて庭いじりのお父さん、って感じなのね(爆)
ヤスもブーツインだったんだけど、それはおかしくない・・・
ヤスとてっちゃんが並んだ時に比べたら、どうも2人のブーツの長さが
同じ位で(^^ゞ
背の高さが10cm以上違うのになぁ、ブーツの長さ一緒じゃ変です。
意識するのは某竜馬さんだったり、某AのMさんだったり・・・(笑)

「俺だってanan出たいよぉ~」だそうです(笑)

黒沢
『何か楽器を演奏できるようになる』
鉄琴じゃなくてね。小さめの何か、と。
「前にピアノやったじゃない」と誰かに言われたんですが
「松本圭司くんに”才能がないからやめた方がいい”って言われた
からやめた」らしいです。(ちなみにギターも)
1日目は色々名前が挙がったけど決まらず。
2日目のLIVE前 「今日楽器が決まっていたらおかしい」と
同行者と言っていたんですが・・・
2日目に『ウクレレ』に決定してました(笑)
やると宣言したからには12月に披露して欲しいですね。
また、会場が優しい空気に包まれるのかな。

安岡
*新しい「ユタカ」を見つける(?)
要約すると「俳優デビューしたい」って風に聞こえました(爆)
前はまったくソロではやらなかったですもんね、LIVEとか。
今年は積極的にやっていく、って事だと思います。

北山
*囲碁初段を取ったので、前に言っていた「囲碁教室」をやりたい。
え?マジで?とか思いましたけど。
今回の苗場では出来なかったけど、来年できたらいい。
手始めに今年中になんらかの形でやってみたい。
(どうやって~・・・)
*寝る時にパジャマを着る
着て下さい(笑)
裸で寝てて、暑くてはだけちゃったりすると風邪ひいちゃうかも
しれないので・・・ そうねもう若くないもの、気をつけて(爆)
村「パジャマなら黒沢に聞いたほうがいい、パジャマ持って来てるから」
黒「えっ?皆パジャマじゃないの??」
他「俺、ジャージ」 「俺も」
この辺のくだりの黒ぽんがまたかわいかった。

そして今年はバンメンとの絡みも多かった。
バンメンの今年の抱負と、昨年どうだった?の報告。

須藤さん
*「すとう」なので「すどうさん」と呼ばれても安易に返事をしない
のが昨年の抱負。
概ね達成はできたけど、先輩ミュージシャンに「すどうくん」とか
言われるとさすがに訂正ができなくて、ハイって言ってしまった」とか
今年は(昨年ゴスで)全都道府県制覇ができたので、今年もしたい。

杉野さん
身体を柔らかくする、のが昨年。
前屈やってみたら、私の席からはよく見えなかったけど随分前屈
できるようになってたようですよ。
今年は「パーカッションをもっとできるようになる」みたいな
感じでした。
杉野さんの時 声が小さいので「声が小さい!」とゴスメンバーから
散々ツッコミを受け、最後にはワイドショーの囲み取材のように
全員からマイクを向けられる、という図になってました(笑)

真里さん
昨年は、エンゲル係数を下げる
昨年はゴスのツアーでずっと旅に出ていたので、エンゲル係数自体は
下がっているけど 旅先で美味しい物を食べていたのでカロリーは
オーバーらしいです。
てっちゃんによると本当に「物凄い食べる」らしいです。
スリムなんだけどねぇ。

福原さん
昨年は、車を運転している時に暴言をはかないようにする。
結構達成できたようです、でもツアーばかり出ていたので
そもそも運転する機会が少なかった、とも言ってました(^^ゞ
笑顔で運転する事を今年も引き続き心がけるそうです。

・・・まだ1曲しか歌ってないのにこの量(笑)
そして歌に戻ります。

「思い込み」
今まで歌ったことの無い曲をって歌ったこの曲
てっちゃんが盛大に間違えた!! 「すげぇ間違えた!」と
口に出してました(爆)
てっちゃん~・・・。
その後他の曲でもよく間違えてたぞ。

「渇き」
オリジナルより更にアコースティックな感じになってたような。

「AIR MAIL」
途中のリードを北山氏がとっていました。
1日目はちょっと昔のように声がでかくなっていたけど(^^ゞ
2日目はいい感じになってたと思います。
福ちゃんのギターの音色が素敵だったなぁ~。

ここでバンドメンバーが袖にはけ・・・
「5人だけになったところでアカペラを、と思わせておいて・・・」
妹尾ちゃんを呼び込みます。
「白いピアノの王子」?とかなんとか紹介してました(笑)

妹尾ちゃんの格好を見て「ベンチャー企業の社長みたい」とか
色んな事を言うメンバー(主にてっちゃん)
2日目に 「エグゼクティブな・・・エグい」って言ったら
客席の殆どの人達が 「エグい?・・・」みたいな
ツッコミをしたのが凄く面白かった(笑)
私も声に出して言ったけど。

ということでアカペラ曲ですが今回は妹尾ちゃんのピアノで
「I Miss You」
前に歌ったのっていつなんでしょう?アカ港ですかね?
もしそうならこの曲自体 それ以来初めて聞いたと言っても
過言ではないかも(爆)

「A HAPPY NEW YEAR」
この曲は苗場が1月になって毎年歌ってる感じですね。

「Armonia」
どちらかの日 イントロのバランスがおかしかったなぁ。

「或る晴れた日に」
あぁこの曲もてっちゃんが思い切り間違えてました。
大丈夫かい てっちゃん。

<ソロコーナー>
酒 「LET ME IN」(オランダのアーティストBenny Singsのカヴァー)
スタッフの持ってきたケース入りの鉄琴を膝に乗せて演奏。
「世の中に鉄琴ブームが起きているそうです」とか言ってましたが
Benny Sings氏が実際にジャケで持っているのと同じ鉄琴だそうで
購入価格19ドル 送料手数料39ドルだそうです(笑)
黒ぽんの演奏していた知育楽器よりキレイな音だったなぁ。
曲調もかっこ良かったし、彼に合っていたと思います。
ちなみに鉄琴はイントロ、アウトロと間奏でも演奏してたかな?

と、歌う前に須藤さんと暫しトーク
「すどうさん、すどうさん?? すとうさん」
「はぁい~」というやりとりがあり(笑)
ゴスLIVEのサポート以外にも沢山LIVEをやっている須藤さんに
「去年は何公演位やったんですか?」と質問
「190公演位かな」の答えにビビる酒井雄二。
それでも「なんか一緒にやりたいですねぇ」と酒井さん
須藤さんも「いいねぇ~でもキツイよ、400kmまでは当日入りだし」と
サラっと言ってました。
すごいよなぁ 須藤さん。

そして次は酒井さんの呼び込みで・・・
「お次は甘い物が大好きなあの人です!決して黒沢薫ではありま
せん!」との紹介で登場。流れた音楽で (もしやー!)

ということでエルビス登場!! (会場爆笑&大歓声)
サングラスにリーゼント風髪型の黒ぽんによく似たえるびす。
片言風で「ぼくはドーナツがだいすきさ~」とか(笑)
「日本の曲で好きな曲」とか言ってたかな?
歌った曲は「ドーナツソング」(山下達郎カヴァー)
歌い始めたらエルビスじゃなくて達郎さんのマネがふんだんに
盛り込まれ・・・(笑)
左手にドーナツのおもちゃ?を持って 舞台の左右を歩いて
端っこではツイストっぽいダンスをしてみたり。
さすがの余裕ですねぇ えるびすさん。
にしてもドーナツ=エルビスってなんか微妙にシュールよね。

苗場が終わってから一週間経ってもドーナツソングが頭から
離れない・・・(笑)

ヤス
(前のエルビスをうけて)
「エルビス・誰スリーさんかはわかりませんが説明するのも面倒です」
「ドーナツといえば杉野さん」ということで杉野さんと暫しトーク
「いつも持ってるよね~10個入りの。その土地のミスタードーナツ
がどこにあるか知ってるんじゃないかって位」
杉野さんはいつも打ち上げとかは一番最後までいるそうです。
だけどお酒は一滴も飲めないんだそうです。
ヤスに「ゴスのメンバーと飲みに行くなら誰がいい?」の質問に
「北山さんとか・・・お酒飲まないし・・」と答え
「それじゃお茶するって事じゃんっ!」とヤスが突っ込んでました。

そして歌ったのが「The Greatest Love of All」
ピアノのイントロで 「ゴールデンかラブラドール」を思い出して
しまいおかしくてしょうがない(笑)
しかも歌詞を覚えない私があの曲はかなり詞を覚えちゃってる(爆)
Love of Allなんかもう「ラブラドール」に聞こえちゃうし・・・。
間奏のところでヤスが
1日目は「あっちの曲だと思ったでしょ?」
2日目は「みゃおぉ~ん」
歌い終わってから 「心の友ダンス☆マンが空耳ソングで・・」ってな
事を言ってました。 

そして次は マイ・・じゃなくて北山氏
イントロで「あ、Human Natureだ」と。
なんかすごい良かったです。偉そうだけど、上手くなったなぁ、と。
数年前に苗場とかでソロコーナーがあった時は、頼りなくて
安定感もなかったように思う(ごめんね)
間のファルセットも綺麗だったし。
曲間のブレイクで舞台右側からビシっと左側を指差し、そこまで行って
跪いて歌う、なんてこともやってました。
すっかり「跪き担当」になりましたね(どんな担当だ)
両日とも遠くから見てたので 「おーやってるやってるー」って
感じで見てました。
ちょっとソロLIVE見たくなっちゃったけど、外れました(^^ゞ
そりゃ無理よねぇ、あのキャパじゃ。

陽ちゃんは福原さんとトーク
「マイケルと言えば この舞台上で一番マイケルに近づいた人」
という福原さん。実際にマイケルの前で演奏したことがあるそう。
なんでマイケルの前で演奏したのかという経緯を、1日目に
聞こうとして話がそれてしまったので・・・
一番肝心な所なのにーーー、と若干イラっ(笑)
2日目にはちゃんと聞きだせました。
マイケルと親しい湯川れいこさんの学校でギターを教えていた頃
来日したマイケルがTDLを貸切にした時 行く前に学校を
訪れ、その際に2曲演奏したんだそうです。

陽ちゃんに「マイケル・・・どうだった?」と聞かれた福ちゃん
「すごい白かった」(それ?そこ言っちゃう??・笑)

最後はてっちゃん、トークは真里さんと
実は体育大学出身という真里さん、しかも専門種目が
「走り高跳び」自分の身長位を跳んだそうです。
すごすぎますね、そんな人が今ミュージシャンっていう。
てっちゃんが「運動不足とかいうけど最低ラインが全然
違ったんだね」と言ってました。

歌った曲はセルフカバーで「愛のためだけに」

そういえばソロコーナーではバンドメンバーさん達がコーラスを
していて、とっても新鮮な感じでした。

ソロコーナー終了後バンドメンバーがはけると同時にゴスメンバーが
楽器を持って登場、最後に出てきた黒ぽんが酒井さんの鉄琴を
持って来たので会場がそれだけで沸きました(笑)
てっちゃんがそれに対して「特定の楽器に歓声あげない~」と
ツッコミ。

春夏の時はバンドメンバーが一緒に演奏していたので
「実はゴスペラーズは演奏していないんじゃないか?」という
疑惑があったので今回5人だけでやってみようという事に。

私個人は春夏のファイナルで聞いてます@5人だけ。
あの時はバンドメンバーはその場に居て1番だけゴスのみで
演奏したんですね。
「音ちっちゃ!!」って思いましたねーその時は(^^;

そして今回は丸々1曲5人で演奏の「シマダチ」
やっぱり・・・音がちっちゃい・・・(笑)
それに合わせて声も小さめになっちゃって、聞いてる方は
息をのんで、って感じですかね。
ちなみに陽ちゃんの楽器だけ変わっていて、アコベースでした。

ここら辺で前半戦終了。後半へ続く。
関連記事
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。