スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OTODAMA FOREST STUDIO in 秋川渓谷
2014年04月27日 (日) | 編集 |
OTODAMA FOREST STUDIO in 秋川渓谷 -10周年SPECIAL-

あきる野市 十里木ランドまで行ってきました。
同じ東京とはいえ下り方向だし、結構遠かったな。

開場は10時で開演が13時というイベントでしたが
さすがに早く行ってもなってことで開演時間を目指して
行きました。

観覧ブロック内はレジャーシート等も禁止ということで
立ってなきゃいけない・・・。

ま、それとは関係なく、まず入場したら色々出ていた屋台で
昼食を調達して、川っぺりの砂利の上にシートを敷いて
腹ごしらえ。

既にこの時間で開演していたのでOPアクトの吉田山田と
水野くんは音だけ聞いてました。

腹ごしらえの後はしばし川っぺりでまったりし(そこそこ寒い)
多分ですが、この食後の辺りの時間に川の向こうに北山くんが
いたらしく。こちらを撮った写真がUPされてました。
(本人にしか自分とわかりません)

タイムテーブルが発表されてたので助かりました。

クリス・ハートさんのパートからブロック内に行って
LIVEを見ました。
よくある夏フェスみたいに、ぎっしり人がいるわけではないので
小さい私でも結構よく見えました。
距離も近かったし。

クリス・ハートさんはやっぱりあのCMの曲がいいですね。
5曲くらい歌ったかな?
バラード多めで若干寒さがしみました。

次はスキマスイッチ
常田くんの衣装が緑に白のまだら柄、派手というかなんというか
後で本人が「出オチ」って言ってました(笑)
スキマさんは聞いた事あっても曲名知らないなって曲が多いので
今回もそんな感じ
「全力少年」と「奏」くらいしか知らないのです(^_^;)

で、いつも「奏」を聞くとゴスの「ラブノーツ」を思い出す。
なんだろうなぁ、メロディが似てる?のか、素人にはわからないけど
コード進行か似てるとかなのかしら。

次は今回のメインと言ってもいい
(ゴスなはずなんだけどさ)
鈴木雅之 マーチンさん!

1曲目の「恋人」は袖で歌い始め、客席が
うわぁ~ってなってるところにどどんと登場。

もうねマーチンさんの曲の中でもっていうより
自分が色々聞いてる曲全部の中でもかなり上位で
大好きな曲なんだよねぇ「恋人」

最近はマーチンさんの単独LIVEに行けてないのでどうなのか
わかりませんが
何ツアーか行っても意外と歌ってないような気がするのね
だからあまり生で聞いた記憶ないのよねぇ。
なのでまさかここで聞けるとは♪

ということで1曲目でこのイベント最高潮でしたよ(笑)
そして2曲目は「もう涙はいらない」
これも大好き、イントロであぁこれだ、って思って
ひゃー♪ってなってたよ。

マーチンさん SOUL POWERでは毎年見てるけど、あそこじゃこういう
ベスト盤みたいな曲は歌わないからな。
こういう「よく知らない人も見に来てる」イベントだからこそ聞けるの
かもなぁ。

MCもさすがのマーチン節
マーチンさんにかかれば、山と川に囲まれた会場も
「おしゃれな街 秋川」になります(笑)
そして「素敵な川」
気温が低く寒いのもネタにして、ちゃんとポケットに
カイロ入れてました、そしてそれを客席に投げ入れ
「もう一つ持ってるから」って反対側にもカイロ投げ入れ
マーチンさんこういう小ネタ仕込んで遊ぶの好きだよね(笑)

そんなこんなで見てる人は皆心を掴まれちゃう。
さすがです。

やっぱり私の好きな人は話が面白い(笑)
というより面白いから好きになるんだろうけど(^_^;)

「寒いし、バラードは俺より日本語の上手いクリス・ハートが
歌ってくれたので、ここからは東京都大田区大森が生んだ
日本人初の黒人」(笑)・・・のマーチンさんが歌います。

「め組のひと」
「ランナウェイ」
「夢で逢えたら」

いやぁ、こういう選曲はコアなファンには物足りないかも
しれないけど、ファン以外でも知ってる曲ばかりだから
盛り上がれるよね。

ま、ゴスだって「またひとりかぁ」って思っちゃうけどさ
そういうものなんだよね。

そしてなぜか御大より後に登場のゴスペラーズ
予想通りバンドはなく バリさんバンド
まずはご挨拶の
「ひとり」
これですよ、やっぱりこれはヒット曲だから、聞き飽きた感は
あっても名刺代わりになりますよね。
「愛してる~♪」って歌いだしたら、歓声上がったのが聞こえたから
やっぱりヒット曲ってすごい。
ゴスペラーズならあの曲でしょ、って曲があるってのはすごいことよね。
ここ何年か飽きてきたのかどんどんフェイクが多くなってるのが
気になるところだけど・・・。
単独LIVEならいいけど、イベントとかTVはなるべく忠実に歌った方が
いいのでは・・・。
とか思ったけどそもそもそんなの気付かれないか。

スタンディングの割りには空間に余裕があったので、目いっぱい
近づくよりも前の人とちょっと間を置くことで、結構よく見えました。
距離的にも近かったので顔がちゃんと見えた。
酒井氏の髭がなくなってることも確認!でもそれが限界ですよ
太った痩せたは私にはわかりません、というより気にして見てない。

セットリスト
「ひとり」
「ミモザ」
「ウキウキWATCHING」
「ロビンソン」
「3月の翼」
「ギリギリSHOUT!!」
「永遠に」

「ひとり」の後はちょっと久しぶり?「ミモザ」
黒ぽんの声(高音)が出ない事が判明・・・。
そのせいなのか、そもそもの時間短縮の為か2番がなかった。

そして何故か、先日終了した「笑っていいとも」のテーマソング
「ウキウキWATCHING」をゴスがコーラスで客席がタモさん役で
歌いました。
これはヒット曲とは違うけど、誰もが知ってる曲だから皆歌える。
「会場の周りの方たち(周辺住民)はこれ聞いて、あれお昼かな?」って
思うんじゃない?」と。

「ロビンソン」も短くなってましたね。最後の高音、黒ぽん出てないんだ
けどあれは無しにできなかったのかなぁ。

「3月の翼」
スカパーのソチパラリンピックのテーマソングとして使われてた曲ですね。
期間中PVも相当流れてたらしいんだけど全然見てなくて、ほぼ初めて聞き
ました。
オリンピックはNHKとかでよく見てたから、あの某二人組の曲はよく聞いたなぁ

「ギリギリSHOUT!!」
イントロに入る所でてっちゃんが「踊るゴスペラーズ!!」なんて言って
ました。
ゴスの出番前に後ろから「次は落ち着いて聞けるし」って感じの言葉が聞こえ
てきたので、あの人達、面食らっただろうなぁ(笑)
この曲は踊ることもだけど、曲調もまったくイメージにないだろうから。

「ギリギリ~」から間を置かず「永遠に」のイントロで
変わり身の早さにちょっと笑ってしまった。
しかも黒ぽん声出ないのにこれか。
案の定かなりキツそうで、とてももったいない事したなぁって感じ。
「永遠に」はヒット曲だし知ってる人も多いはずだから、しっかり歌えば
「やっぱりゴスペラーズ上手いな」って印象になると思うんだけどね。
この曲は黒ぽんにキメてもらわないといけない曲だから。

リハやサウンドチェックもしてるから変えることはできないんだろうけど
だったら黒ぽんが目立たないアカペラの曲に変えちゃうとかなら可能だと
思うのだけど・・・。
サウンドの件とか問題なければバリさんバンドだしどうにかなりそう。
というか、バンドだったとしてもゴスバンドならちょっとした曲変更でも
対応してくれると思うぞ。

前にも書いたけど、ゴスは問題あってもセットリスト変えないからなぁ。
全国(ツアー)同じ事をやるってのは大切だけど、あまりにもの時には
臨機応変でもいいのじゃないかと思うよ。
スタレビみたいに「雨だから、全部変える」とかまではできるようにならなく
てもいいから(^^ゞ 

トリはもちろんキマグレン
とはいえ、普段なら長―いライブでもトイレ一回行けばなんとかなるかなって
感じだけど寒くて2回目のトイレ休憩しちゃった。
キマグレンが出てくる頃には夕方だったんで、かなり冷え込んでましたよ。

だけど「夏」な彼ら半袖シャツに膝丈のパンツで盛り上げてました。
見てる方が寒いっていう(^^ゞ
最後にはKUREIくん、タンクトップになってた
「暑くて脱いじゃったよー」って(爆)
ステージはライトが当たるとはいえ結構寒かったと思うよ。
息が白かったもんね。

キマグレンといえば、あの曲をやらずに終了したので、あれやらないのか
と思ってたら、
アンコールで出演者全員で「LIFE」歌いましたよ。

久しぶりにこういう野外フェス的な物に参加しました。
フェスっていうと出演者が多くて自分のお目当て以外にもいい人がいないと
参加しないし、大体が真夏!どう考えても無理だ。
今回は4月ということで参加できました。
思いの外寒かったけれど(^^ゞ

楽しかったです。



2014/4/20
@あきる野市 十里木ランド

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。