スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斎藤誠30周年記念企画ライブ vol.1
2013年04月16日 (火) | 編集 |
斎藤誠30周年記念企画ライブ
  ~TUESDAY NIGHT LOUNGE Vol.1~

@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
【出演】
斎藤誠
杉山清貴
K
角田俊介(bass)


Kくんがゲストとの発表時は「and more」だったので
頑張って行かなくてもいいかなぁ、って感じだったんですが
追加ゲストが杉山清貴さん。
Kくんと何かしら絡んでくれないかなーと期待してチケット
取りました。
こういうイベントは「and more」大事よね(^^ゞ

久々にライブハウスでスタンディングしてきました。
ま、椅子はあったんですが、会場入りが開演5分前くらい
だったので残念ながら座れませんでした。
椅子の後ろは通路ですぐに壁だったので、ずっと壁に寄りかかった
ままでいたので、割と楽でした。
ずっと椅子の人は座ってたのでよく見えたし。

さて、ライブは最初から4人が出てきて開演
(セットリストわからないのでKのスタッフ実況を参考にしました)
そうそう、Kくんのピアノが見える位置を選んだら、杉山さんが
柱でまったく見えなかった・・・。残念。

斎藤さんの曲「I'ts Alright」を全員で
次も全員でビリージョエルの「My Life」 
こういう曲でピアノ弾いてる時、Kくんすごく楽しそう。

斎藤さんが「ゆるーい感じで行きます」って言ったら
Kくん「いいですよね、なんでもやっていいって」
「なんでもやっていいわけじゃない~」と突っ込まれる。

舞台上は4人ですが、4人いると、ほとんど斎藤さんとKくんの
掛け合いのようでした。
Kくんがたくさん喋るのでなかなか歌にいかないんだよね(笑)

舞台にソファが置いてあり・・・
これがあったので杉山さんが余計に端っこ行っちゃったんだな(^^ゞ
テーブルには「牛乳」も置いてあったようで
斎藤さん「牛乳も置いておいてってリクエストしたの」だそうです。
あんな暖かい所に牛乳置いて大丈夫か?って心配になったけど。

4人で2曲歌った後はKくんの単独ステージ
「せっかくソファがあるんだから、座って1曲聞いていく」と
斎藤さん。本当にKくんの1曲目 「over...」を座って聞いてました。

続いて5月に出るミニアルバムのタイトル曲「641」
数字の意味は兵役に行っていた日数ですね。

そして「ハラボジの手紙」これは定番となりつつあるんだけど
苦手なんだよねぇ。長いから・・・汗
前に歌っていたのと、CD化に際して大分歌詞が変わってました。
例によって歌詞を全く覚えない私ですが、あれだけ変わってれば
さすがにわかる(爆)
最近ラジオ聞いてないから(情報収集してないので)どういう
流れでこれだけ変わったのかとかがわからないけど・・・。

しょうがない事なので、理解はしてるけど日本に帰って来てから
というもの、内容が重めというか、ストレート過ぎるので
私の苦手な方向へ行っているのよね。
今の日本人じゃできないような経験をしてきたのだから
しょうがないけれど。

誰の曲でもそうだけど、あんまりメッセージ性が強くなると
聞いてて疲れちゃうから(^^ゞ
歌詞をあまり気にしないって所と矛盾するかな?

私自身は、音楽って気楽に聞いていたいものなので
共感とかそういうものはあまり求めていないのよね。
(こういうのってやっぱり少数派かしら・汗)

一生懸命詞を書いてる方達には本当に失礼な話だけど。
こんな私でも「あぁ良い詞だなぁ」って思う時もあるんですよ(爆)


誠さん、角田さんとステージ上でトーク
5曲目は再び斎藤さん、角田さんと一緒に「Traveling Song」

次は杉山清貴さんのステージ
曲は(全部じゃないかもだけど)

デビュー曲の
「Summer Suspicion」(オメガトライブのですね)
「風のLONELY WAY」
タイトルだけじゃわからなかったけど、サビを聞いたら聞いたこと
ある曲だった。当時売れてたんだろうな。

デビュー曲とかこの曲とか
「皆さんまだ生まれてないかもしれませんが」と言ってました。
もちろん冗談でしょうが(笑)
Kくんのファンが多い=若いと思ったのかもしれません。
Kのファンは私でも若いくらいだから大丈夫(爆)
何歳とは言いませんが(^^ゞ

今年30周年だという杉山さん、記念アルバムを作ってて
昔の曲をリアレンジしたり色々やってたら、いつの間にか2枚組に
なってたそう(笑)
そんな事なども含め、斎藤さんに何回も「大らかな人」と言われて
ました。

そのアルバムの中からタイトル曲の「I AM ME」

Bassの角田さんと「さよならのオーシャン」
次に斎藤さんも加わり 
「あの曲やっちゃいましょう!あの曲ってもわからないですよね」
いやいやわかりますよ、あの曲でしょ、っていう。

「ふたりの夏物語」

スタレビさんのおかげで過去にも生で聞いてます。
良い曲ってのもあるけれど、やっぱりヒット曲ってすごいって思いました。
お客さんも絶対知ってる年代だし、この曲 かなり盛り上がりました。
「Only You~♪」って一緒に歌いたくなるもんね。

最後は主役の斎藤誠さんのステージ
ちょっと曲目はわかりませんが、何曲目かで、杉山さんとKくんが
出てきてソファで聞いてました。

杉山さんの事を何回も「大らかな人~」と言っていた斎藤さん
自分もそんな風になりたい、みたいな事を杉山さんに言ったら
「バーベキューに行こう!」と誘われたそうで・・・
ステージ上で角田さんに「一緒にどう?」と聞いたら
角田さん一言「大嫌い。」だって(笑)
アウトドアは嫌だそうで。
あまりのバッサリ加減に会場、大爆笑でした。

まぁわかりますけど、私も太陽苦手だから(笑) 

斎藤さんもバーベキューはいいけど 「それ午後からですよね?」って
聞いたそう(^^ゞ

最後の方は全員でセッションのような感じ、Kくんもピアノとハーモニカで
参加。
主役でありながら、斎藤さんのオリジナルは全然知らないで参加した
けれど、セッション効果もありかなり盛り上がり、楽しいイベント
でした。


2013/4/16
@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE




関連記事
スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。